東京駅の富士山

ozukaishi.JPG

私が使っている東京駅の改札の隣に大きな作品が飾られ、不思議な立体感がある作品で気になっていました。 どんな有名な方の作品なのかと思っていたら、なんと東日本大震災で被災した石巻市雄勝地区の小中学生の作品だった! 1.8×2.4mの大きな物です。 復元された東京駅の屋根に使われている石巻市の雄勝石スレートが津波で流され見つかったというニュースは知っていました。 この作品に使われているスレートも津波で流されたものを地元の人たちが一枚一枚泥を洗い落とし、雄勝石作家斎藤玄昌実さんが原画を描き、子どもたち150人が色を塗って完成させたというもの。 朝日に輝く富士山と夜の星空は復興をめざす地元の子どもたちと震災の犠牲者を表現したそうです。 立派な出来栄えに胸が熱くなります。 一日もはやい復興を願わずにはいられません。




この記事へのコメント

  • 栄ちゃん

    ユメミー さん

    おはようございます
    ユメミー さんは丸の内南地下改札口をご利用でしたか・・・
    見ましたよ!  丸南地下で・・・・
    東京駅屋根のスレートにも使われているそうで
    震災を風化させない為にもみんなの願いが
    形になっていることに感動を覚えますね
    2012年10月12日 10:45
  • タミリン

    魅惑的ですね。。。
    2012年10月12日 23:07
  • はなちゃん

    ユメミーさ~んこんばんは~!

    とってもきれいで素敵なこの作品は被災地の子供達の作品でしたか!!
    いろいろと知らない事が出てきますけど、一日も早い復興を願って
    います!
    はなちゃんはお隣県の福島の事が一番気になってます!
    何度も行ってた福島県は一番遅くなってしまうのではないかと思うんですよね~!
    原発問題はどうにもならないのかなぁ~(ー_ー)!!
    2012年10月13日 22:12
  • brosa

    こんばんは

    ステキな作品ですね。

    喉元過ぎれば、暑さわすれる。。じゃないけど、まだ震災から1年半。。
    東北の人たちの戦いはまだ終わっていません。

    栄ちゃんがいうように この震災を風化させないためにも 皆が訪れる東京駅でこの富士山が希望と復興への願いのシンボルとなってくれる事を願わずにはいられません。

    1年半たった今でも福島原発の終息目途が立たない事に憤りを感じます。
    1日も早い復興と故郷を離れなければ行けなかった方々が1日も早く故郷に戻れる日が来る事を願います。

    2012年10月14日 22:37
  • ユメミー

    ☆栄ちゃん
     ご覧になりましたか~
     不思議な立体感でなんだろうと思いました。
     被災地の子供達に良い思い出が一つ出来て
     良かったと思います。
    2012年10月14日 22:41
  • ユメミー

    ☆タミリンさん
     スレートで絵を造るというのを初めて知りました。
    2012年10月14日 22:43
  • ユメミー

    ☆はなちゃん
     私も身近なところが気になります。
     どこも忘れずに支援して欲しいです。
     福島は本当に気の毒・・・
     もっと早く放射能を取り除く方法はないものでしょうか・・・
    2012年10月14日 23:02
  • ユメミー

    ☆brosaさん
     震災を風化させないためと子供達の勇気と希望の光となるように
     永久展示されるそうです。
     ちっとも復興が進まないのに、除幕式では子供達は全国の支援に
     感謝の言葉を述べたというのですから、涙が出ます。
     事故直後の東京電力の映像が公開されるたびに怒りが増長!
     福島の人達が安心して住める日が一日も早く来ることを
     私も願ってやみません。
    2012年10月14日 23:20
  • えりぷー

    綺麗ですねーーー。
    これを見て、大震災のことをずっと忘れないように&支援を続けなきゃいけませんね!!
    2012年10月16日 11:09
  • ユメミー

    ☆えりぷーさん
     そうですね。安全が確認されているのだから
     食材でも出来るだけ被災地のものを買うようにしています。
     小さいことですが、これぐらいはしなくてはと思っています。
    2012年10月16日 23:37

この記事へのトラックバック