ベトナム旅日記(グルメ編)

いつもツアーについている食事は美味しくないので「おいしさプラス」というのを追加しました。 一人7,500円追加で二回分グレードアップできるものです。半額で一回でいいんだけれど・・・と思ってもセットだから変えられない。初日はフレンチ、ル・カプリス、ホテルの隣のビルなのにガイドさんがわざわざ来て送り届けてくれました。帰りは自分たちで帰りました。frenchここは味がしょっぱかった。日本で食べるフレンチの方がずっと美味しいです。ガイドのユイさんは二年間日本に住んでいらしたそうですが、日本は味が薄いと言っていたから、ベトナム人が食べると丁度良いのでしょう。
最終日、夜中の飛行機に乗る直前のディナーはMandarinです。ベトナム1と言われているレストランでアメリカのライス国務長官もいらしたそうです。menu-2お皿もピカピカ、盛り付けも立体的ですばらしい! 本当に本当に美味しかった!! 美味しさプラスを申し込んで良かった! オプショナルで申し込んだのでメニューは決まっています。お店に来ている人達は日本人より西洋人の方が多かったです。日本人は社用族のようでした。dish1揚げ春巻きです。しゃきしゃき、美味しい! 全く油っぽくなかった。二日目のランチも割と高級な感じのベトナム料理でしたが、何一つダブったお料理はありませんでした。ジャルパックがそのようにオーダーしてくれているのでしょう。 周りの人は生春巻きを食べてました、それも気になった・・・dish2これ絶品! 繊細な味、もう一度食べたい料理です。dish3大きな海老が殻付きで出てきました。お店の方がちゃんとさばいて元の形に並べました。小皿のお塩とライムはライムをしぼり、お塩と良く混ぜて使うそうです。今までも何回も出てきたけれど、そんなことは一度も聞かされなかった!最後の最後に知りました、それまでは好きな方を使うのだと思ってました。こういうところも他のお店より親切でした。dish4ソフトシェルクラブとオニオンのリング揚げです。アメリカっぽいけど、ベトナムでも食べるんですね。dish5これにはびっくりexclamationお皿の上で竹の筒が火に包まれているのです。火が消えるとふたを外し、ひっくり返すと牛肉のオイスター炒めのようなお料理が出来上がります。それをチャーハンと混ぜて食べます。チャーハンはお魚が泳いでいるように盛りつけられていました。素晴らしいです。dish6デザートはなぜか前日のフレンチと同じオレンジクレープシュゼット! mandarinお店に来るときはホテルから歩いてきたのですが、帰りはガイドさんが車で迎えに来てくれました。お店を出てびっくり、明るい時と全く変わって周りは歓楽街に変身! Mandarin以外のお店は外にきれいなお姉さま方がずらっと並んでます。個人で行く場合は明るいうちに行くか、車で行くかしないと、ちょっと怖いですね・・・
大満足で食べ終わり、お店を出てホテルで荷物を取り、そのまま車で飛行場へ向かいました。 Mandarinで食べずにベトナムを出国しないで、本当に良かった\(^o^)/ ベトナム料理の印象もず~~~っと良くなりました。絶対に行くべきお店でした。海外でお料理で興奮したのはここが初めてかもしれません。
今度は生春巻きを食べてみた~い(^◇^)


この記事へのコメント

  • 青い鳥

    短期間でも濃密な旅行でしたね。素晴らしいです!
    それにしてもいつもご馳走で羨ましい。私は写真をみて味を想像しています。おいしそうだな~。お母様と旅ができるのも本当に幸せなことです。私も母が元気なうちに一緒にどこかに行きたかった。
    ところで私は今月末、また例によってロスに10日間行ってきますね!
    2009年03月02日 22:08
  • ユメミー

    ☆青い鳥さん
    母も78歳になりました。
    元気でいてくれて有難いです。
    私はアメリカ本土に一度も行ったことがないんです。
    お話、聞かせてね。
    2009年03月02日 23:10

この記事へのトラックバック