モルディブ旅日記 7(ロビンソンツアーその2)


6空から水上飛行機ですばらしい景色に歓声を上げながら、アリ環礁を北上、ラスデゥ環礁の小さな小さな漁村に行きました。

ボートモルディブ旅日記の最初のボートの写真はこの島の桟橋で撮りました。
クラブメッドからガイドとして一緒にきているGO(Gentle Organizer)と呼ばれているシンガポール人のお姉さんはフランス人達のガイドをするということで、私達二人には地元のお兄さんが英語で案内してくれました。どんな奥地にいっても皆さん英語が出来てすごい!案内と言っても人口が450人の漁村ですから、観光というより、お散歩!

銀行かわいらしい銀行がありました。
私も銀行で働いているので記念にパチッカメラ
建物に書いてある文字がディベヒ語、右から左に読みます。イスラム教の国ですから、女性は肩を出してはいけないし、下も膝までのものを着てないといけません。

ネットベンチマーレでもコカコーラ島でもこの島でもベンチはネットで出来ていました。木にぶら下がっているものもありました。座ってみたら、どっぷりはまって立ち上がりにくい、ちょっと座るというのではないのかしら、お昼寝用?

土産屋

見るところはあまりないので、お土産物屋さんに連行!


土産通り
    この島の銀座通りでしょうか?

ヤシの実お土産物屋さんに入ると全員に生のヤシの実ジュースが振る舞われました。私は初めてで憧れていたのですが・・・アクエリアスのようでした。
お土産品はこのお店が一番面白かったです。パレオの生地もすばらしいものがたくさんありました。でも残念なことにカードは持って来てないし、帰る日なので、現金は10ドルしかなく、子供にT-シャツ一枚買って終わり、残念!!

ドーニかわいい島から今度はドーニと呼ばれる船に乗り、海へ出発。
しばらく行ったら、船を止めて、海へザブンと飛び込みシュノーケリング!
ダイナミックね。

魚群れこんな魚の群れを写真に撮っていたら、突然、GOのお姉さんの「ジンベー!」という叫び声、出会える確率が低いので、慌ててみんな、お姉さんの方に突進したけど、見逃してしまった。BBQをした島でも、私が海から上がった直後にマンタがいたというし、大物は全部見逃してしまったたらーっ(汗)

難民船シュノーケリング後ドーニでしばらくいくと、ドーニでは入っていけない浅いラグーンに入っていくために、小さいボートに移りました。ぎっしり、まさに難民船!

島
上陸する無人島がみえてきました。広い広い遠浅のラグーンはキラッキラッ、キレイ~
上陸です。降りるときは右左交互に降りないと、バランスが崩れるからと、慎重に右・左・右・左!ラグーンはリーフに囲まれた遠浅のエリアなので、波も静かでガラスのようです。お迎えの水上飛行機が来るまで、しばらく透明な海を飽きることなく眺めました。後、数時間でこの海ともお別れです。

島で
ついにお迎えの飛行機が来てしまいました。
着陸寸前
水上飛行機と海って絵になります。着陸いや着水するたびに拍手喝采してました(^◇^)
最後のフライトでサークルレインボー(虹が丸く見えるもの)が見えました。20年前にハワイに行った時、遊覧飛行でサークルレインボーが見ることが出来たら、幸せになると聞いたのですが、見ることが出来ませんでした。ところがこの時間帯は雲と太陽の位置関係が丁度良いのでしょうか、続けていくつもいくつも
写真でわかるでしょうか。
幸せのお裾分けですハートたち(複数ハート)

サークルレインボー
クラブメッドに着いたら、フランス人たちは「降りない、降りない!」と盛り上がってました。本当に楽しいロビンソンツアーでした。

beachbar帰り支度をするにはまだ早いので、ビーチバーで主人はタダバー、私はタダケーキを堪能!
帰ったら太ってました、反省・・・


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック